【平成最後の】風邪を引いて寝込んだ【大番狂わせ】

去る平成の終わりに、なんと風邪をひいてしまいました。

もう本当にね、どうしたのかと思いましたよ。

毎年この時期に、風邪をひくことなんて例年ではありえないことでした。

ルトくん
ルトくん
もう本当に、どうしてこうなったの?

平成最後のときに、ルトくんがどうなったのか。

今回はそのことを、お話したいと思います。

スポンサーリンク

仕事中に発熱

まずおかしいと思ったのは、仕事中です。

お昼を過ぎた辺りから、少しずつ身体が熱くなってきたのです。

最初は自分の勘違いじゃないかな、と思いました。

しかし、おかしいと思い始めたのはその後でした。

額に手を当てると、いつもより熱いような気がしたのです。

このときに、こう思いました。

ルトくん
ルトくん
これ、もしかしたらヤバいかもしれない。
今朝も鼻の奥がなんか痛かったし。
まさか……!

この嫌な予感は、後に的中することとなりました。

40℃近くまで熱が出た

その後、仕事で近場まで行く機会がありました。

そのときにルトくんは、一計を案じました。

家に少し立ち寄り、保険証とおくすり手帳と体温計を持ち出しました。

本来なら業務中ですのでこうしたことは厳密にはいけないことだとは理解しています。

しかし、もうそんなことはどうでもいいと思えるほどになっていました。

もしもあの時、そのことを咎められたら、こう言っていたと思います。

ルトくん
ルトくん
別にいいだろ、こっちは緊急事態なんだ!
それくらい融通利かせろ、たーけが!!

正直、車を運転するのも「やっていいのか?」と疑問を感じるほどでした。

そして所用を済ませてから戻ってきたルトくんは、

持ち込んだ体温計で熱を測ってみました。

なんと体温計は38.8度を指し示しました。

これを見たルトくんは、ある可能性が浮上しました。

ルトくん
ルトくん
もしかしてこれ、インフルエンザなんじゃ……(焦

正直、普通の風邪とは思えませんでした。

ただの風邪なら、38度辺りまでしか上がらないことが多いのですが、

ここまで高熱が出てしまうとただの風邪とは思えなくなります。

ちょうどその頃、インフルエンザが流行っているというニュースも流れていました。

もしもインフルエンザだった場合、出勤停止で貴重な有休を使わないといけなくなります。

ただの風邪なら、あと1日残っている休日を振り替えればなんとかしのげます。

ルトくんはインフルエンザの可能性におびえながら、定時になって無事に帰れることを祈りました。

病院にGO!

なんとか定時退勤できたルトくんは、すぐに近くの個人病院へと向かいました。

運転中も、熱との戦いで「意識が飛んで事故を起こすのではないか?」と戦々恐々としていました。

普段以上に安全運転に努めたおかげか、無事に病院までたどり着きました。

そして病院では、熱が高かったこともあり、すぐにインフルエンザの検査が行われることになりました。

それにしてもインフルエンザの検査。

毎回鼻の穴に長い綿棒みたいなものを挿入されるのですが、

正直あれしか方法が無いのかなぁ、と毎回思ってしまいます。

確実に分かるのはいいんですが、痛いんです。

ルトくん
ルトくん
あれよりも痛みの少ない検査方法が発見されて普及することを、願ってやみません

そしてしばらくしてから、検査結果が出ました。

とりあえず、インフルエンザではありませんでした!

しかし、だからといってかなりの高熱がマシになったわけではありませんので、

解熱剤やら鼻水を出しやすくする薬やら漢方薬やら、

様々な風邪薬を処方されました。

その後、会社に明日は風邪で休むことを伝え、とりあえず母親にも念のため連絡しておきました。

ルトくん
ルトくん
多分大丈夫だと思うけど、もしもの時はよろしく頼むよ(意味深

そう伝えてから、コンビニでアクエリアスやら流動食やらを購入して、

家に帰って休むことにしました。

辛うじて食事は食べられた

かなりの高熱があったルトくんではありましたが、かろうじて食欲はありました。

とはいっても、ステーキのような重い食事は無理です。

カップうどんを食べて、薬を飲んでから早めに寝ることにしました。

不幸中の幸いだったなと、そのときにも思いました。

そして翌日は、休日を振り替えてもらい、1日中寝ていました。

なんとか熱は下がりましたが、まだ身体が重かったことと、

身体中の関節が痛かったので、思うように動けませんでした。

風邪の原因ではないかと思われるもの

気温の急激な変化

ちょうどこの時期、気温の上がり下がりがかなり激しい時期でもありました。

急に夏日になったかと思えば、朝晩は春とは思えない寒さ。

霜が降りた場所まであったそうです。

この急激すぎる気温の変化に、身体がついていかなかったのかもしれません。

栄養状態の偏り

仕事が不規則なことや1人暮らしをしていることもあり、

なかなか自炊が難しい生活をしています。

そうなると、出来合いの総菜やインスタント食品が便利です。

ただ、ここ最近はこれらに頼りすぎました。

サラダも意識して食べていましたが、それだけでは必要な栄養素を接種できなかったみたいです。

仕事のストレス

おそらく、最も大きな原因はこれではないかと思います。

今の仕事になって、次の8月でようやく2年ですが、あまり仕事についていけないことも多いです。

定時で帰れることも多いのですが、けっこう無茶なことを言われることもあります。

必死で頑張っていますが、ちょっと疲れが出てしまったみたいです。

なかなか難しくて、容易に解決できない課題です。

生活のストレス

仕事に追われていると、こちらにも悪影響が出てきてしまいます。

自分のやりたいことをする時間が作れなかったり、

掃除や部屋の整理ができなかったり、

ゴミ出しに遅れたり、

色々と溜まってきてしまいます。

自分は気がつきませんでしたが、こうしたストレスも溜まっていたのかもしれません。

まとめ~ライフワークバランス、超大事~

身体を壊したら、元も子もなくなります。

ライフワークバランスが叫ばれている昨今、健康を維持していくためにも

自分自身と見つめ合い、仕事と私生活のバランスを考えて、

ストレスが貯まりにくく、身体に負担の少ない生活をしていきたいものです。

余談ですが「健康でいることも仕事のうち。健康を損ねるのは社会人失格」という言葉は、

あくまでも健康な人に言ってこそ意味を成すものです。

実際に体調を崩した人に向かって使うと、人間関係が壊れるので止めましょう。

(以前、病気で亡くなった公職者に「健康でいることも仕事のうち」といった人に対して

「故人にかける言葉じゃねーよ。遺族の気持ち考えろボケ!」と云って、

ちょっとしたトラブルになったことがあります。

ただ、ルトくんは自分の言葉が間違っていたとは思っていません

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする