スポンサーリンク

【京都】安井金毘羅宮で縁切りと良縁祈願をしてきました!【また行ってきた】


ルトくんは今年の9月15日に、大好きな京都へ日帰り旅行しました。

西へ東へ南へと、あちこちを1日で移動するという「京都大回り」を行いました。

今回はその第1回目のレポートとして、安井金毘羅宮をレポートします!

縁切りを望んでいる人は、けっこう多いものです。

理由は様々ですが、人間関係の悩みや問題、自分の不運さを解消することは難しいことも多いものです。

個人の努力でなんとかできることばかりではなく、それこそ本気で神頼みをしたい人は本当に多いです。

ルトくんも縁切りと良縁祈願をしてきました。

行った場所は、縁切りで名高いあの「安井金毘羅宮」です!

スポンサーリンク

安井金毘羅宮とは?

安井金毘羅宮は、とても有名な縁切り神社です。

しかも、そのご利益はお墨付きとされていまして「京都最強の縁切り神社」と言われたりもしています。

どうして「京都最強」とついてしまったのでしょうか?

それは「ご利益が恐ろしすぎるほど効果がある」とまことしやかに言われているためです。

ネットで検索した限りでは

「就職したくなくて祈願したら、留年した!」

「ブラック企業を退職したいとお願いしたら、身体壊して退職することになった」

「消えてほしいと願っていたら、相手が行方不明になった」

などと、とても物騒な意見がうじゃうじゃ出てきます。

怖いよ!!怖すぎるよ!!

ここまで来ると、どうしてこんなうわさが立つのか気になってきます。

その理由の1つかもしれないのが、安井金毘羅宮に祀られている神様です。

安井金毘羅宮には、崇徳上皇が祀られています。

崇徳上皇は、なんと最悪の怨霊として恐れられていたりするのです!!

詳細はウィキペディアに譲りますが、崇徳上皇は実在した人物であり、第75代目の天皇陛下です。

京都を追われて隠岐に島流しにされ、強い恨みを残して崩御したと伝えられています。それが怨霊伝説の元になったとされています。

経歴を見ますと、崇徳上皇が可愛そうに思えてきます。

しかし、崇徳上皇のこの強力な力にあやかろうと人々は考えたのでしょう。

「強大な怨霊だから、きっとものすごいパワーを持っているはずだ!」

そう考え、神様として祀ることで「悪縁を断ち切る力」を求めたのかもしれません。

祟るような神様でも、祀ることによって鎮め、力を借りようとするのは、日本古来からの考え方でもあります。

さらに、安井金毘羅宮は縁切りだけではありません。

縁結びを祈願する人も多いのです。

崇徳上皇が非業の死を遂げたことで、こうも考えられました。

「崇徳上皇は、自分が味わった辛さを他の人には味合わせたくないとお考えになられて、人々が良い縁で結ばれるように力を貸してくれる」

ルトくんはどちらかというと、こういう考え方のほうが好きです。

なんだか心がほっこりします。

安井金毘羅宮がなぜ「京都最強の縁切り神社」と呼ばれているか、理解できたかと思います。

それでは、縁切りと縁結びの御祈願、いってみましょー!!

縁切りと縁結びの碑

縁切りと縁結びの祈願は、普通に参拝するだけでも大丈夫なのですが、より効果があるとされている方法があります。

それが、縁切り縁結びの碑をくぐることです!

こちらをご覧ください。

こちらが、有名な縁切り縁結びの碑です。

なにこのお札みたいなものがいっぱいついた岩は!?

めっちゃ怖い!!!

なんとこちらの碑は、中央の穴の中に神様のお力が注がれているのだそうです!

この碑を使った縁切りと縁結びのやり方は、次の通りです。

1.まずは神社に参拝をする。

2.100円ほどの初穂料を入れ、縁切り縁結びのお札にお願い事を書く。

3.お札を手に碑の前で手を合わせて一礼し、悪縁を切ることを願って穴をくぐり、まず悪縁を切る。

4.反対側から碑の前で手を合わせて一礼し、今度は良縁を結べることを願って穴をくぐる。

5.最後に碑に向かって手を合わせて一礼し、感謝の思いを伝えてから、お札を碑にノリで貼り付ける。

たったこれだけです!

しかも、急いでいる時は願いを書いたお札を碑に貼り付けるだけでもOK!!

ルトくんが今回、京都を訪問した一番の目的が、この縁切りと縁結びでした。

なので実際にルトくんも、縁切り縁結びの碑の穴を、くぐってきました!!

実際にやってみて

参拝し、初穂料を入れてからお札にお願い事を記入しました。

ルトくんは先日、相当な理不尽を経験したのではらわたが煮えくり返るような思いをしました。

詳細については割愛させていただきますが、こう思ったほどでした。

この恨み晴らさでおくべきか!!

京都最強の縁切り神社で、縁切り祈願して完全に絶縁してやる!!

お札にお願い事を記入しましたら、穴をくぐる人の行列に並びます。

行列ができていた場所は、ちょうど絵馬をかける場所の前だったので、並んでいる途中にいくつもの絵馬を見ることができました。

「(誰かのフルネーム)を私の前から消してください」

「(誰かの名前)からされたことを、決して許さない」

「家族と長いこと絶縁できますように」

など、かなり物騒なお願い事を書かれた絵馬がいくつも掛けられていました。

しかし、それ以上に多かったお願い事は「良縁祈願」でした。

「悪縁を断ち切って、いいご縁に巡り合えますように」

「運命の人と出会って、ずっと幸せで居られますように」

「家族が健康で過ごせますように」

「1人でも多くの人と、いいご縁が結べますように」

こうした平和なお願い事が多いと、ホッとします。本当に。

そしてついに、ルトくんの順番が回ってきました。

荷物を降ろして、願い事を書いたお札だけを手に持ち、まずは碑に向かって悪縁断ちの祈願します。

そして穴をくぐり抜け、反対側からは良縁祈願をして、穴をくぐり抜けます。

最後に碑に向かって感謝の気持ちを伝え、荷物を手に持ちました。

その後、ルトくんはお札を碑に貼り付けました。


無事に祈願終了です!!

ありがとうございました!!

やってみた感想

いや正直、事前に写真で縁切り縁結びの碑を見てはいましたが、

現地に行って間近で見ると本当にビックリします!!

異様な光景を通り越して、怖い!!

知らない人でしたら、これをくぐると聴いた途端、

「これでご利益がある!? 呪いを受けるの間違いだろ!?」

と考えてしまっても不思議とは思えないかもしれません。

確かに祀られているのが崇徳上皇なので、誤解されるかもしれません。

しかし、崇徳上皇だって最初から怨霊だったわけではありません。

怨霊と見られるよりも、神様として崇拝されるほうが気持ちいいと思います。

崇徳上皇からお力を貸してもらえたから、悪縁は断ってもらえたはず!

きっとこれからは良縁に巡り合えるはずだ!!

崇徳上皇のお力に感謝し、ルトくんは安井金毘羅宮を後にしました。

あ、もちろん御朱印も貰ってきましたよ!!






アクセス

安井金毘羅宮

〒:605-0823
住所:京都市東山区東大路松原上ル下弁天町70
電話:(075) 561-5127
FAX:(075) 532-2036
HP:http://www.yasui-konpiragu.or.jp/
鉄道:京阪本線「祇園四条」駅から徒歩10分
阪急京都線「河原町」駅から徒歩15分
バス:市バス206系統北大路バスターミナル行、「東山安井」下車、南へ徒歩1分
駐車場:有
備考:近くには清水寺や八坂神社があるよ!




★平日限定特典!平日限定値引!平日限定価格!【平日お得な温泉宿】



今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする