スポンサーリンク

【急げ】特撰すきやき重は店で食べるのが絶対にお得!【数量限定】

先日、大手牛丼チェーンの吉野家が、創業120周年を記念しまして、最高級メニューを発表いたしました。

それが、特撰すきやき重です!

こちらのニュースでも紹介されている通り、なんとお値段は税込860円!

税込860円ですよ!!

860円!!

牛丼並盛が2個は食べれます!

吉野家としては、かなりお高い部類に入る価格です。(うな重メニューを除く

初日の売り上げで爆発的に売れてしまい、数量限定どころか「食えない」メニューになりかけてしまった、特撰すきやき重。

本日、ルトくんは夕食に食べてきました。

今回は、おそらく最初で最後になるであろう、特撰すきやき重の感想記事になります。

そしてこのメニューなんですが、ルトくんは声を大にして申し上げたいです。

絶対に持ち帰りなんかするな!!

店で食べていけ!!

その理由も含めて、お話しします。

スポンサーリンク

お肉は確かにサーロイン!

一口食べてすぐに分かりますが、明らかに牛丼に使われている牛肉とは味が違います。

それもそのはず。

使われているお肉は、サーロインです!

サーロインステーキを食べたことがある方は、すぐに分かると思います。

普通の牛肉とは一味違った美味しさ。

これは吉野家のメニューとは思えないほどのクォリティーの高さ!!

最初に吉野家に入ってこれを食べてしまいますと、

吉野家へのイメージを誤ったままになってしまいそうな味でした。

こればかり出すようになれば、吉野家は間違いなくファーストフード店から、

割烹料亭へ格上げになります。

ただし、味噌汁とお新香はいつもの吉野家

すきやき重ばかりを食べていると、いつもの吉野家がどこかへ行ってしまったのかと心配になりますが、それも問題ありません!

それは、一緒についてくる味噌汁とお新香を食べれば分かります!

すきやき重の合間に、お新香を食べるか、味噌汁を飲みましょう。

そこには、食べなれたいつもの吉野家の味があります。

帰ってこれたよ、いつもの吉野家へ。

卵も同じものなので、特別いいものを使っているというわけではありませんよー!

テイクアウトはおススメできない理由(わけ)

それは、公式サイトやアプリから見れるメニューに、しっかりと書かれています。

なんと、テイクアウトした場合には、メニューの内容が変わってしまいます!!

店内で食べれば「すきやき重、生卵、味噌汁、お新香」のメニューが、

テイクアウトですと「すきやき重、温泉卵」になってしまうのです!!

しかもそれでいて、値段は一緒!!

どう見ても、テイクアウトすると損をするような仕組みになっているとしか思えません。

特撰すきやき重を食べるなら、絶対に店内でがオススメです!!

貧乏くさいですが、テイクアウトしますと味噌汁とお新香の分を損します!

860円も出すのですから、よほど急いでいるわけでもなければ、店内で食べていくのがオススメです!!

ルトくん
ルトくん
本当に、本当においしゅうございました!!

余談~高級メニューが国会議事堂内と羽田空港にあった!

こちらのニュースに、こんなことが書いてありました。

>ちなみに吉野家には、国産和牛を使用した「牛重」というメニューがあり、国会議事堂内に
>ある「永田町一丁目店」(1240円)と「羽田空港国際旅客ターミナル店」(1500円)限定
>で販売されています。

なんと、国会議事堂内にある永田一丁目店と、羽田空港国際旅客ターミナル店には、牛重なる限定高級メニューがあるのだそうです!!

ルトくん
ルトくん
というか、国会議事堂の中に吉野家があったことをこれで知りました。
きっと国会議事堂で働く書記や警備員の方が利用しているのでしょう。

議員ちゃんも吉野家で食事をするのでしょうか?

それにしても、こんな高級メニューがあるのには驚きです。

でも、一般庶民の薄給サラリーマンが並盛の牛丼を食べている時に、

高級な牛重なるものを議員ちゃん(中には議会の最中に寝ている奴もいる)が食べているかもしれないと思うと、ちょっと複雑な気分になるルトくんでした。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする