スポンサーリンク

【気づいちゃった気づいちゃった】なぜ野党やマスコミのリベラルは支持されないのか?【わーいわい】

こんにちは、ルトくんです。

ツイッターなどを見ていると、時折面白い話題が飛び込んでくることがあります。

それが、今回この記事で取り上げる「リベラル」や「ポリティカルコレクト(ポリコレ)」などの話題です。

最初に申し上げておきますが、今回は内容が内容だけに、かなり人を選ぶ記事になっています!

こうしたものが嫌いな方、

毒を吐くルトくんを見たくない方、

興味がない方、

などの方は、ここから先へは進まれないことをオススメします。

それでもいいよー、という方は、このままお進みください。

お気を悪くされた方がいらっしゃいましたら、謹んでお詫び申し上げます。

スポンサーリンク

いますよね、こういう方々

はい、いきなりツイッターの埋め込みの連続でした。

お気を悪くされた方、本当に申し訳ありません。

ルトくんのTLには、時折コメント付きのツイートやリツイートなどで、

こうした方々のツイートが流れてきたりします。

それはフォロワーさんが流すこともあれば、

全く予想だにしていないところから飛んでくることもあります。

ルトくんもこうしたコメントは、実は高校生の頃からよく見てきたものなので、

「あぁ、また来たか」

と思いながら流したり、時折じっくり読んだりしています。

ちょっとした暇をつぶすには、都合がいいこともあります。

野党の方々も、こうした主義主張を繰り出すことがあります。

もちろんですが、ルトくんもこうした意見に対して思うことは色々とあります。

ここではあんまり関係ないので、あえて述べません。

こうした人たちに共通していること

しかし、こうした人たちって、言っている内容には頷ける部分ももちろんあるのですが、

正直、あんまり指示を受けているようには見えません。

それは、リプでついているコメントの内容に、

批判を含んでいるものが多数見受けられることからも、お分かりいただけるかと思います。

ルトくん
ルトくん
なーんでだろー?

あんまり賛同できる意見が少ないルトくんも、さすがに少し気になってきました。

むしろこうした人たちが批判している相手(安倍首相、トランプ大統領、男、与党etc)は、

かなりの支持を受けているように見えて仕方がないのです。

どうして賛同意見が少ないのだろう?

自分の知らないところで、賛同している人がいるのかな?

だとしたら、こうした人たちに好意的な意見が流れてきてもおかしくないはず。

なのに、そうした意見はほぼ見受けられない。

ずっとルトくんは、このことが疑問でした。

賛同者を見つけたとしても、かなりの少数派だったりしたこともあります。

なぜ支持を得られないのだろう?

別にこの人たちを支持しているわけじゃないし、むしろ嫌いな人たちだから、

正直どうでもいいんだけど、この現象は気になる・・・。

そして本日、ルトくんはこの問題に対して1つの悟りを得ました。

相手を人間として見ていないのではないだろうか?

ルトくん
ルトくん
そうか!そういうことだったんだ!!

これに気がついたときのルトくんの第一声は、これでした。

こうした人たちは相手を批判するときにかなりの確率で、

「相手を見下している」

「差別や侮辱するような言葉を使って批判(というよりも非難)している」

「内容を批判するのではなく、相手そのものを批判している」

このようなことを行っていました。

つまり、そもそも相手を『同じ人間』として見ていなかったんです。

こうした人たちに共通している認識は、これです。

「相手は悪いことをやっている。だから自分たちが相手を殺したとしても罪には問われない。

なぜなら自分たちが絶対的な正義だからだ!」

これが他の人には見えていないと思っているのでしょう。

残念ながら、そうした感情はたとえ口で言わなかったとしても、態度や日頃の行いによって、簡単に表に現れます。

他の人からは、それがはっきりと見えています。

だからこそ、支持を得られないのです。

言論の自由が保障されているのですから、批判をすることが悪いことではありません。

事実、ルトくんも批判をしたことは一度や二度ではありません。

しかし、批判する相手も同じ人間である以上、自分なりに気を遣って批判したつもりではいます。

親しき中にも礼儀あり。

それを踏まえて、口汚く罵ったり、差別するような言葉を使った覚えはありません。

それに個人攻撃をしたことはなく、

あくまでも「その考え方には問題があるから、こうするべき!」と批判するまででした。

「罪を憎んで人を憎まず」という言葉があります。

あくまでも非難するべきは、行った行為そのものであり、

行った個人を非難してはいけない、ということになります。

もちろん、全てに当てはまるものではありませんが、

自戒も込めて、ここであえてこの言葉を紹介しておきたいと思います。

さてここで、前述のツイートをもう一度見てみましょう。

お気を悪くされた方がおりましたら、謹んでお詫び申し上げます。

まとめ~口はわざわいの元~

昔から両親から云われてきた言葉に「口はわざわいの元」という言葉があります。

「口がわざわいの元というなら、どうして人間には口がついているんだよ!?
口なんかない方がいいってことか!?
だったらどうやってご飯を食べればいいんだよ!?
アホじゃねぇのか!?」

こんなことを昔は考えたこともありましたが、今ではその言葉の意味がよく分かります。

下手なことを言うくらいなら、最初から黙っていたほうが得です。

ルトくん
ルトくん
人を呪わば穴二つ

夜道には気を付けましょう!!

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする