スポンサーリンク

ニトリで本棚を買って増設した話

本日、仕事が休みだったこともあり、本棚を増設する工事をしました。
工事といいましても、別に大したことではありません。

ルトくん
ルトくん
工事というよりも、工作といったほうが近いかな

どうして本棚を増設する必要があったのか?
それはもちろん、本が本棚に収まりきらなくなってしまったためです。

実は2019年の初め頃から、ルトくんの悪い癖の1つである「積読」が始まってしまいました。
この時点ですでに、今の部屋にある本棚は埋まり切っており、
「新しい本を買っても、それを入れるスペースがない」
という状況に陥っていました。

そのためルトくんはいつもこう思っていました。

ルトくん
ルトくん
本棚、新しいの買わなくちゃなぁ

しかし、買う決心がつかないままダラダラと過ごし、気がつけばもう平成が終わるときになってしまいました。
そのときになって、ようやく買う決心がつきました。
我ながら、遅いと思いました。

本棚を購入するために、最寄りのニトリへと走りました。
最初に買った本棚も、ニトリで購入しましたので、もう1つ同じものを買おうと思ったのです。

あいにく店舗には在庫が無かったため、後日家まで届けて貰えることになりました。
ちなみに送料含めて8千円ちょいしました。
そんなに大きくない本棚ではありましたが、意外といい値段がしました。

そして平成最後の日に、佐川急便さんが届けてくれました。
平成最後の時まで、仕事をしていて大変だなぁと思いました。(ルトくんも仕事でしたが)

ルトくん
ルトくん
佐川急便さん、重い荷物を持ってきてくれて、本当にありがとうございました!!

購入した本棚は、最初から組み立てられているものではありません。
購入した人が自分で組み立てるという、セルフ式(?)のものでした。

最初に購入した本棚も、同じように組み立てるものでした。
すでに組み立てられている本棚は、置くだけでいいので楽なのですが、以下のような点がありました。

・値段が高い(2万円以上するものがほとんど)
・自分で運ぶにしろ運送屋さんにお願いするにしろ、運ぶのが大変
・そもそも置けるスペースがない

そのため、組み立て式の本棚を買いました。

ただ、GWの真っただ中だったにも関わらず、ルトくんは本棚の組み立てをすぐには行いませんでした。

その理由は、GWにも仕事があったためです。
ルトくんが2019年現在勤めている会社は、GW中も休業とはならないのです。

さらに、GW中の他の休みの日は、なんと全て予定が入っていました。
とてもじっくりと腰を据えて、本棚を組み立てる余裕はありません。

そのため、GW明けの何もない休日に、作業を進めることに決めました。

作業自体は、そんなに難しいことではありません。
体力的な問題を除けば、小学校高学年くらいの年の子供でも組み立ては全然できます。
取扱説明書の手順に沿って作っていくだけなので、簡単です。
(プラモ作ったり、機械いじりが好きな子供なら楽しいと思えるかもしれません)

しかし、ダンボール箱に入った状態で25キロはあります。
まずこれを作業するためのスペースに運ぶだけで、まぁまぁ体力を持っていかれます。
子供にはやっぱり厳しいですね。

スペースが確保できたら、さっそく作業を始めます。
必要な工具は、以下のものです。

・軍手
・ハンマー(ゴムハンマーがいいと思います)
・+ドライバー

軍手はなくても構いませんが、手の皮がむけることを覚悟してください。
(実際にむけて、痛い思いをしました)

本当は2人以上でやったほうが効率的で安全ではありますが、1人でも組み立ては可能です。
しかし、2人以上なら楽にできる作業も1人でやらないといけないので、作業時間が大幅に伸びます。

それでも、スムーズに進めば1時間ちょいで組み立てられます。

ルトくんは朝の8時30分頃から作業を始めまして、
9時45分頃には「あとはもう設置するだけ」の状態までもってこれました。

設置が終わりましたら、そこからは本の引っ越しでした。

このときに、あんまり読まない本や今は興味がない内容の本は、ダンボール箱に移しました。
これは今の部屋に引っ越してきたときからやっている、本棚のスペース節約法です。
こうすることで「今は読まなくなっても、また後で読みたくなった時に本がない」という悲劇を回避できます。

ルトくん
ルトくん
これで何度か泣いたことがあります

そして無事に本の引っ越しが終わり、積読していた本もなくなったのですが、
意外なことに本棚にかなりの空きスペースができてしまいました。

ダンボール箱に移した本を入れても、まだ少し空きができそうなほど残っています。
一瞬だけ、ダンボール箱に移した本を戻そうかとも思ったほどでした。

しかし、それはやめておくことにしました。

これから先、まだまだ本は増えると思います。
そのときに本が入るスペースが本棚に無いと、また同じことの繰り返しになります。

今は空けておいて、また必要な時に本棚のスペースは埋まっていくと思っています。

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする