スポンサーリンク

パチンコを打ってみたぞ!!

こんにちは、ルトです。

本日、ルトくんは仕事が休みだったので、人生で初めてパチンコをやってきました。
なので本日は、生まれて初めて打ったパチンコをどう感じたのか、レポートさせていただこうと思います!

スポンサーリンク

パチンコとは?

説明するまでもないことかと思いますが、知らない方のために簡単にパチンコについて説明させていただきます。

パチンコとは、金属製の玉を弾いて台の中のポケットと呼ばれる場所に弾を入れて、
大量に球を出そうとする遊戯です。
広くギャンブルの一種として認知されています。
ちなみに日本においてのパチンコ発祥の地は、なんとルトくんの生まれ故郷の名古屋だと云われているんですよ!!

広く親しまれている一方、パチンコ依存症なる中毒者を生み出してもいます。
中には借金を重ねてまでパチンコをする人もおり、結果的に家庭崩壊や自己破産などに陥る人もいます。
そんな側面もあってか、嫌っている人も大勢います。
パチンコにのめりこみ過ぎて人に迷惑をかける輩を「パチンカス」といったりします。

また一部の人からパチンコは「朝鮮弾入れ」などとも呼ばれます。

どうして打ってみようと思ったの?

別にパチンコに興味を持ったからというわけではありません。
単なる社会勉強の一環と思って、やってみることにしただけです。

パチンコの競技人口は減っていますが、未だに多くのパチンコ店があるということは、それだけパチンコの人気が高いことでもあります。

「そんなに受け入れられているのってどうしてだろ?
そうだ! 自分も打ってみればわかるんじゃないか?」

そう思って、休みを利用して実際にパチンコを打ってみることにしました。

パチンコ店に入ってみて

パチンコ店は探さなくてもそこかしこにあったので、一番近いパチンコ店に入ってみました。

めちゃうるさい

パチンコ店に入ってみて、まず思ったことは、
とにかくうるさいことです。

パチンコ台の機械の音などで常にジャラジャラとものすごい金属音がします。
パチンコ店のスタッフさんは、よくあんな環境で働けるなあと感心してしまいます。
ルトくんには、絶対に無理です。

しかし、うるさい音にもすぐに慣れてしまいました。
ただ、慣れたとはいえ会話は成立しないレベルで回りがうるさいことに変わりは無いです。

テキトーに台に座ってみた

玄人は、釘の打ち方とか確変率などでよく出る台を見分けられるそうなのですが、ルトくんにはそんな特殊能力は全くありません。

なのでテキトーな台の前に座って遊んでみることにしました。

うろ覚えですが、ルトくんが実際に遊んだ台は、CR清流物語3でした!

たぶんこれです。

実際にやってみて

試しにやってみるだけでしたが、のめりこんではいけないと考えたルトくんは、2つの決まり事を作りました。

・1000円分しか打たない
・勝てなくても1000円打ったら帰る

この2つです。

絶対にパチンコ沼にはまり、自分がパチンカスになってはならない。

その気持ちで打つことにしました。

ちなみにやってみて分かったのは、次のことでした。

・おカネを入れる場所は台のすぐ横にあって1000円札しか入れられない。
・ハンドルはちょこっと回すだけで弾がかなり飛ぶ。
・真ん中のポケットに入ればチャンス!
・演出は凝っている。
・画面に何度も出てくる女の子が可愛かった!

以上です。
なお、後で分かりましたが女の子の名前は「なつきちゃん」だそうです。

で、結果は?

1000円分だけ打ってみましたが、

ものの見事に負けました。(笑

まぁ、1000円だけで勝てるわけないといえば、それまでです。

負け惜しみではないのですが、
正直な気持ちとしては、勝たなくてよかったのかもしれないと思っています。
下手に勝っていたりしたら、のめりこんで財布の中が空っぽになっていたかもしれません。

打ってみたからこそ、わかったこと

パチンコを実際にやってみて分かりましたが、
遊びとしてやるなら、確かに面白いものであると思います!

うまいこと弾がポケットに入ると「よっしゃあ!」となりますし、
演出も見ているだけで楽しいです。
演出が入ると、周りのうるささもあまり気にならなくなります。

1000円でちょっとだけ遊ぶということを考えると、
まぁこういうものもありなのかもしれないな、と思いました。

くれぐれも、のめりこんではなりませんが!!

初めてのパチンコまとめ

・遊びとしてやるなら楽しい。
・台は色々な種類があるから選ぶ楽しみもある。
・1000円から遊べる。
・演出が入ると楽しい。
・なつきちゃんカワイイ!!(←重要

次また打ちに行くかどうかは、未定です。
勝てる自信も費やすおカネもありませんので。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする