スポンサーリンク

ペヤング「炒飯風」を食べてみた

前回に引き続き、ペヤング変わり種第2弾です!

今回食べましたのは、こちら!

ペヤング「炒飯風」です。

前回がたこやき味で、今度は炒飯
なぜこの流れになったのか、全くもって分かりません!
なぜ大阪の庶民の味から、中華料理に!?

あまり深いことは考えず、とにかく食べてみることにしました。
大切なのは流れではありません!
味です!!

まずは中身を拝見。

今回の「炒飯風」は、かなりシンプルです。
かやくとソースしか入っていません!
シンプル・イズ・ベスト!
ということでしょうか?

それにしてもこのかやくの中身。
どこかで見たことがあるような気がします。

そしてソース。

なんだか普通のペヤングのソースよりも、色が少し薄い割に味は濃厚な気がします。
オイスターソースみたいな色です。

それはともかく、作って行きます。
かやくを入れ、
熱湯を注ぎ、
3分後にお湯を捨てます。
そしてソースをかけてからめました。

その結果がこちら!!

……なんだか見ていて思ったのですが、
カップヌードルからスープだけを捨てて麺だけ残したようなものができあがりました!!

炒飯風」とだけあったので、
あまり濃い色にならないことはなんとなく想像できましたが、

まんま汁なしカップヌードルでした!!

正直、ここまで汁なしカップヌードル然としたものを見たのは初めてです。

それでは、この汁なしカップヌードルペヤング「炒飯風」を食べてみます!

いただきまーす!

薄味でした。
ソースが濃厚だと思っていましたが、騙されました。
炒飯らしく、薄味です。

そして、麺にからみつく乾燥ネギと卵と細切れの叉焼らしきもの。
全てが、汁なしカップヌードル!
もう本当に、そうとしか表現できませんでした。
これはこれで、ある意味新感覚かもしれません。

5段階評価で、今回も3でした。
特別美味しいというわけではありませんが、不味いものというわけでもありません。
ただただ、汁なしカップヌードルでした。

次買うかと問われたら、間違いなくこう答えます。
「もちろん買うさ! だって、汁なしカップヌードルが食べられるんだからね!」

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする