スポンサーリンク

軍隊式認識票のすゝめ

世の中には、本当に様々な種類のアクセサリーがありますね。
イヤリング、ネックレス、指環、腕輪、ピアス……。
自分に似合っているものや、趣味で身につけているもの、宗教上の理由やお守りなど、身につけている理由も多種多様です。

ルトくんも、学生の頃からずっとアクセサリーを身につけてきました。
愛用しているアクセサリーは、ドッグタグです。
現在でも、休日などに身につけています。

ドッグタグとは、日本語では「認識票」といいます。
ドッグタグというのは通称で、犬の鑑札に似ていたから名づけられたといわれています。
軍隊で兵士個人を識別するために使用され、兵士が首から提げています。
ほとんどの国の軍隊で使用されていて、自衛隊でも使用されています。

ルトくんが身につけているものは、米軍の書式に倣ったものです。
高校生の頃にこちらで作成しました。

認識票を作ってから、早くも10年近くの年月が経とうとしています。
ルトくんが10年近くもの間、認識票を首から提げてきて分かったことは「認識票は大変オススメのアクセサリーである」ということです。

今回は、認識票の魅力と実用性をお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

・ミリタリー系の服装に完璧なまでにマッチ!

茶色や深緑色のシャツには、とてもよく合います。
迷彩柄のシャツであれば、よりマッチして違和感がありません。
これさえあれば、いつでも気分は歴戦の兵士!
ランボーやハートマン軍曹だって真っ青な兵士になった気分に浸れます!

・記入できる情報は自由に決めることも!

私が認識票を作ったMASHでは、米軍の書式に倣ったものだけでなく、フリースタイルという書式のものもあります。
フリースタイルでは、自分で自由に刻印する内容を決められます!
米軍の書式に倣ったものですと、ある程度決まった内容でしか入力できませんが、フリースタイルなら刻印する内容は無限です。
2枚のうち、もう1枚を違う内容で刻印することだってできちゃいます!
少しだけ刻印するも良し。
プレートいっぱいに刻印するも良し。
全てを決めるのは、あなたです!

・サイレンサーを使って見た目の向上と音対策が可能!

認識票は裸のままですと、ぶつかり合って「カチャカチャ」という音がします。
人によっては、この音が気になる方もいるかもしれません。
そんな人に朗報!
認識票には、音を立てないようにするための「サイレンサー」があります!
サイレンサーとは、ゴム製の認識票の縁を覆うカバーです。
米軍標準は黒ですが、販売されているものの中には、迷彩柄や明るい色(赤や水色など)のポップなものもあります。
ただ単に音を立てないようにするだけでなく、見た目だってアップします!
ポップな色合いは、アクセサリーとしての自己主張をより強いものとしてくれること間違いなしです!

・ステンレス製だから錆びにくい!

認識票は、ステンレスでできています。
ステンレスの特徴としては、錆びにくいことが挙げられます。
私の認識票も、もう少しで作ってから10年になります。
その間、水に濡らしたり、直射日光の当たる場所に長時間置いたりと、過酷な状況に置かれたことが何度もありますが、全くといっていいほど錆びていません。
おそらく、このままあと20年は持ってくれるのではないかと思います。
耐久性は、十分すぎるほどです。

・注文内容で、より本格的に!

米軍の書式に倣った注文をすれば、本物に限りなく近いものが作れます。
内容によっては他のもので代用しないといけないものもありますが、それでも本物とほとんど変わらないほど本格的なものを作ることができます。
さらに、通常はステンレスシルバーですが、プレートを真っ黒にすることだってできちゃいます!
気づかれにくくするため、実際に黒くする加工は米軍で行われています。
このように、注文する内容次第では本物と見分けがつかなくなりそうなほど本格的なものが作れてしまいます。
マニアにとっては、とても嬉しいものです。

認識票がミリタリーマニアだけでなく、普通のアクセサリーとして一般の方にもおすすめできることがお分かりいただけましたでしょうか?
実用性だけでなく、個性を主張するアイテムとして注目されること間違いなしです!
作ってみようかなと思ったそこのあなた!
今すぐこちらのリンクをクリックして、認識票のページへGO!

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする