スポンサーリンク

ケモノは、みんな違ってみんないい

ケモノというジャンルがあることは、みなさんご存知でしょうか?

10年前と比べますと、ケモノもずいぶんと広まってきたのではないかと思います。
着ぐるみケモ化なども、同人ではかなり一般的になってきました。
海外でも「furry」と呼ばれ、ポケモンやオリジナルのケモノキャラが多くのケモナーの手によって生み出されていると感じます。

私ルトも、ケモノのキャラが好きです。

しかし、ケモノではほぼ必ず問題になることがあります。
それは「どこからがケモノで、どこまでがケモノでないか」です。

獣耳がついていればケモノなのか?
動物を擬人化したものであればケモノなのか?
人と動物の中間くらいのものがケモノなのか?
動物そのものがケモノなのか?

これらはけっこう、人によって解釈が分かれてきます。
そして解釈の違いで、同じケモノ好き同士で対立することもあります。

そこで、私ルトくんからの提案です。

「獣耳がついているのも、動物を擬人化したのも、人と動物の中間くらいのものも、動物そのものも、全て『ケモノ』でいいんじゃね?」

金子みすゞの言葉を借りれば
「みんな違って、みんないい」
です。

同じケモノ好きなのに、喧嘩してどーする?

「俺、こういうのが好きなんだよ」
「うん、それもありだね」

この寛容さを見せられないなら、ケモナーなんてやめちまえ。
ケモノ界隈は門戸を広く開放するべきだ。
閉鎖的になる必要なんかない。

決して「嫌いなものでも、好きになれ」と言っているわけではありません。

「俺は好きじゃないけど、そういうのもあるということは認める」
これだけでいいんです。

誰も息苦しさなんか求めていません。

お互いに配慮しつつ、風通しの良いケモノ界隈になってほしいものです。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする